なぜ仮想通貨を買うのはクレジットカードがおすすめか

仮想通貨で取引したいなら、もちろんその通貨を買う必要があります。株取引などと同じく、コインなどの通貨を買うことになる訳です。仮想通貨を買う方法も複数ありますが、基本的にはクレジットカードが推奨されます。

仮想通貨の決済方法

お店で物を買う方法にしても、色々な選択肢があるでしょう。通販サイトで物を買うなら、銀行振り込みやカード決済などがあります。還元ポイントなどを稼ぎたい方々は、カードで決済している事も多いです。最近では、スマホで決済できるお店も多数あります。
仮想通貨も、それは同様なのです。取引所を経由してコインなどを買うことになりますが、その決済方法も複数用意されています。カードで買うこともできます。

カードは決済のスピードが早い

仮想通貨をカードで買うメリットは複数ありますが、その1つはスピードです。銀行振り込みなどと比べると、速やかに通貨を買うことができます。
そもそも銀行振り込みなどの手段は、決済に時間がかかってしまう事もあるでしょう。WEBのオークションや通販サイトで銀行振り込みで買う時などは、翌日まで待たされてしまうケースも多々あります。
というのも振り込みという手段の場合、どうしても銀行窓口の営業時間に左右されるからです。窓口は、午前中からお昼過ぎでないと営業していないでしょう。それだけに夕方にお金を振り込んでも、翌営業日まで待たされてしまう事があります。
それに対してクレジットカードは、決済が非常に早いです。スピーディーに送金されますから、即時決済できるのです。このスピードは、意外と大切です。
そもそも仮想通貨を買うなら、やはりタイミングは軽視できません。タイミングを逃してしまいますと、仮想通貨のレートが大きく変化してしまいますから、希望通りの価格で買えない事が多々あるのです。その点カードであれば、適切なタイミングで仮想通貨を買う事ができます。

海外業者での口座開設が必要

ただしカードで仮想通貨を買うとなると、基本的には海外業者を利用する事になります。海外取引所などで登録手続きを済ませた上で、カードでコインなどを買うことになるのです。
海外の業者といっても、特に難しいことはありません。手続き自体は簡単なので、スピーディーに仮想通貨を買いたい時は、海外業者で口座を作っておくと良いでしょう。
なお海外業者から仮想通貨を買いたい時は、カード会社との対応状況も確認しておく必要があります。カード会社によっては、一部の海外業者には対応していない事もあるので、注意が必要です。